豊橋駅から渥美半島方面に向かって、豊橋鉄道渥美線、という
超ローカルな3両編成の電車が走っています。
その終点駅が三河田原です。
20150502
2013年に安藤忠雄さんによって駅舎が新しくなりました。

安藤忠雄さん、建築関係の方でなくてもご存じの方は多い、世界的建築家です。
「安藤忠雄事務所の設計で、安藤忠雄さんが設計してるはずないよ」
という噂もささやかれていましたが、真実はともかく、こんな小さな
ローカル線の駅が素敵に変わって、本当にうれしい限りです。

駅舎が生まれ変わって2年経つこの時期に、安藤忠雄さんの講演会が
田原市内で行われることを知りました。
http://www.city.tahara.aichi.jp/section/machidukuri/pdf/h27andotadao.pdf

「地方都市の生き残りをかけて」

仕事をしていて、都市部と地方との隔たりというか、仕事をする上での
難しさみたいなものは常に感じます。
どんなお話が聴けるのか、今から楽しみです