昨日のブログにはたくさんのアクセスをいただきました。
ありがとうございます。
壁の色でお部屋の雰囲気はガラッと変わるということを実感して
いただけたのではないか、と思います。

特に子供部屋の場合、ご両親がどんなお子さんに育ってもらいたいか
という気持ちが、お部屋に反映されるのではないか、と自分が子供の
部屋をコーディネートして、改めてそう思いました。

私の場合は、、、
上の息子は、丸刈りの野球少年ですが、部活動以外はマンガを読んだり、
昼寝をしたりして、完全なインドア派。
おしゃれにも全く興味を示さず(外にいかないので、家ではパジャマ!)
真面目で問題ないのですが、もう少しおしゃれに気を使ってくれても
いいんじゃないかな~と思う訳でして^^;
まさに、そんな気持ちを反映させた部屋となりました。

環境が人を作る、という部分もあると私は思います。

整った部屋に住んでいる人は、生活も自然と整うと思いますし、反対に
乱雑な部屋に住んでいる人で、几帳面に整理整頓できる人にはなかなか
育たないと思うのです。

空き地にもゴミがひとつ、ふたつ、と捨ててあると、瞬く間にゴミの山
になるといいます。
きれいにしてある場所にゴミを捨てるのはさすがに抵抗があっても、最初
からゴミがあれば罪悪感もさほど感じることなく捨ててしまう、という
ことなのでしょう。

せっかくカッコイイ部屋を作ってあげたのだから、きれいにかっこよく
使って欲しい、と母は思うのです。
そうすると自然に掃除したり、整頓したりして、オシャレや見た目にも
気を使ってくれるようになってくれるかな~?と(願望)

話が相当ずれましたが、、、壁の色
20150526-1

同じ床で同じチェアのファブリック。
脚の色は違えていますけど、基本壁の色と、壁の色に合わせたドアの色
以外は同じです。
シックにいこうか、明るくいこうか、グリーンの家具に迷いはないよう
なのですが、壁の色で悩まれていらしたので、絵に描いてさしあげました。

ますます迷われて^^;;第3案をご提案することになりましたが^^;;
「全然変わっちゃうんですね~!!!!」
と、大変驚いていただき、描いた甲斐がありました^^;

さてと、今から第3案を練ることにします。
今度はちょっとシャープな感じでいこうと思います。