カーテンのご提案。

たくさんの生地サンプルの中から、お客様と一緒に選んで決めていく、
というスタイルで進めていくことが多いのですが、今回は

「適当に良さそうなのをそれぞれ2種類くらい選んでおいて」

と言って頂き、信頼していただけてきたかな?と嬉しい反面ドキドキ!

窓が天井際までの大きなサイズの部屋もあるので、通常の感覚でいると
後で(しまった!><)と後悔しないように、部屋ごとに展開図に
カーテンのデザインを書き込んで確認。

バランスの高さ、ボーダーの高さ、カーテンレールのバランス・・・などなど

自分の中での確認の意味もありますが、お客様とのイメージの共有にもなります。

20150612-1

パースに色をつけるのはコピックマーカーを使いますが、ファブリックなどは
色鉛筆の方が微妙なタッチで表現しやすいですね。

これを描いて満足していてはいけないのです。
他にも準備することはたくさん!
今日も元気にがんばりま~す\(^0^)/