安藤忠雄さんの講演会に行って来ました。

「地方都市の生き残りをかけて」

20150706

エネルギーあふれる安藤さんから最初に聞いたことは、ご自身のご病気の
ことでした。冗談としか思えないほどお元気な様子で、お仕事に対する情熱が
病気も吹き飛ばしているのでしょうか。

地方都市の生き残りをかけて

素敵なホテルを作ればいい?
素敵な美術館を作ればいい?

それだけではダメなんですよね。
何かを作った後、さらにそれを生かし続けなければダメ。
エネルギーを持ち続けて、育てていくこと。
それが建築でなく、自然を含めた空間を作っていく、ということ。

ユーモアいっぱいの漫談を聞いているかのような楽しい講演でした。

「空間を楽しむ」
そういう文化が定着することは、インテリアコーディネーターのお仕事にも
つながっていくことです。
空間を楽しむ文化が地方にも定着していくように、微力ながら頑張ろう
そう思った一日でした。