視覚のポイントになる壁に絵を飾ろうと思っても、思うようなものが見つからなかったりします。

飾り棚を作ろうかと思っても、飾るものをどうしようかとプレッシャーにもなります。

 

「季節ごとに替えたりとか、したいと思ってもどうしていいのか分からないんです。」

という声もよく聞かれます。

 

安っぽいものは置きたくないけど、季節ごとに替えるとなると、それはそれで結構な出費。

だったら何も飾らなくても済むように、何か提案してください!

 

ということで、ご提案したのがこのデザインガラスでした。

20150713

左がシェルガラス、右が箔ガラスだそうです。

色もデザインもいろいろできます。

大きさも壁の大きさや、イメージに合わせてオーダーメードしますので、ちょっと大きかった、とか

もう少し横長の方がよかった、とかいうこともありません。

和モダンがイメージでしたので、このような感じのサンプルをご用意いたしました。

 

 

ガラス、というとステンドグラスとかを思い浮かべますが、その場合、光を通さないときれいに

見えないので、場所によっては不向きなこともあります。

その点このような不透明な箔ガラスなどは、絵を飾るような感覚で飾っていただけますので、

玄関先などに向いています。

照明の光を当てると、さらに美しく光りますので、華やかな印象です。

 

こんなご提案もいたしますので、遠慮なくご相談ください。