京都旅行二日目は京都駅から電車に乗り、大山崎へと向かいました。

まずは大山崎山荘美術館

20151012-1

美術館の入口へと向かう道のりまでワクワクします

20151012-2

緑の小路を抜けると正面に見えるのが美術館。

残念ながら外装工事中だったので建物の外観写真は撮れず終い。

館内の写真撮影も禁止ですので、掲載できないのですが、素敵な建物の美術館で、

HPでは紹介されています。

増築された安藤忠雄氏設計の「地中の宝石箱」「夢の箱」も有名な美術館です。

 

大山崎山荘美術館を出て、昼食後、次に向かったのは、今回の旅行最大の目的地でした。

 

聴竹居(ちょうちくきょ)」

 

非常に呼びにくい名前ですよね。

昭和3年に建てられた建築家・藤井厚二氏の自邸で、日本の近代建築20選にも選ばれている

建物です。

見学は予約制、室内写真などSNSなどに載せることを禁止していることから、あまり知られて

いないようですが、それだけに見ておきたかった建物でした。

 

ボランティアスタッフの方にお願いして、色々な裏話や、聞かないとわからない藤井氏の

こだわりの数々を教えていただきながら、私たちの後に予約がなかったこともあり時間を

延長してたくさんご紹介していただきました。

藤井氏のお人柄、たくさんの気遣いをされる方だったということが、建物のあちこちに

現れていて、コーディネートする上で、私自身も身の引き締まる気持ちで伺いました。

こちらはHPの写真よりも実際の方が断然よかったように思います^^

 

コーディネーター仲間と行く京都旅は一般的な京都観光とはまた違ったものとなりました。

さあ、エネルギーもたっぷりチャージしたし、仕事がんばろう!