11月に壁紙貼り方教室に伺った大治町にあるWallBeさんへ、今度はスツール作りの

体験に伺いました。

 

壁紙を壁だけでなく、テーブルや収納扉などなど、色々なところに貼ってあるのを

よく目にして気になっていたので、まずは体験してみよう!ということで。

 

お店にある壁紙から自分の好みのものを選んで、そしてそれに合う塗装の色を決めます。

塗装のペンキはアニースローン。

イギリス製で、匂いもなく色々なところに塗れる水性塗料です。

この塗料も体験してみたいもののひとつでした。

 

20160119-1

私はブラックを選びました。

正式には、アニースローン・チョークペイントというだけあって、ちょっと粉っぽい

チョークで色を塗ったような仕上がりになるので、真っ黒というよりは少しグレイ

っぽくなります。

艶のないマットな風合いです。

 

色を塗り終えてクリアワックスを塗った後にダークワックスを重ね塗りしました。

そうすることによってビンテージ感が出ます。

ちょっとグレイっぽい色も、ダークブラウンが塗り重なって、深い色味になりました。

20160119-5

 

さあ、いよいよクロスを座面に貼ります!

この前使った、後から剥がせる糊とは違う、接着力の強い糊です。

それを座面とクロスの両方に塗って貼り合わせます。

 

必死のあまり写真はなし~^^;;

 

20160119-3

クロスをカットして、糊を乾かしたらウレタンニスを塗って仕上げです。

 

ここまで約1時間半!教えてもらいながら手際よく段取りしていただいているからこそ

ではありますが、思った以上にサクサクっとできてしまいます。

そして完成品はこちら~!

20160119-4

個性が出てますよね。

私は仕事部屋に置いて、来客時の椅子にしたり、高いところの資料をとる時の

脚立代わりにしようと思って色柄を選びました。

仕事部屋、まだDIYリフォームの途中ですので、まだ完成形は見えていないの

ですが、そのうちできたらブログでご紹介しますね。

 

今回のスツール作りは色々なものに応用できそうですので、また自分の家であれこれ

挑戦して、ご提案、そしてお手伝いできるようにしていこうと思います!

 

Wall Beさん、楽しい教室でした。

ありがとうございました。