「将来、子供がもう1人生まれたら、その子の部屋にしよう。

それまでは子供世帯のセカンドリビングのような部屋として使いたい。」

 

というお部屋。

こういうご要望は意外と多いです。

地方ならではでしょうか。

 

 

もちろん子供の性別は分かりません。

でも、南東のお部屋で日当たりも良く、勾配天井の素敵な空間。

すぐにお子さんを授かっても、個室として使うようになるのは当分先のこと。

 

若いご夫婦とお子さんがHAPPYに楽しく遊べるようなお部屋にしましょう!

 

と、コーディネート提案をさせて頂きました。

20160204-1

20160204-3

ブルーとブラウンをカジュアルに。

本棚の背面クロスとバーチカルブラインドのストライプが、高い天井をより

効果的に視線をつなげ、6畳のお部屋とは思えない広々空間になりました。

 

ロールスクリーンの内側に取り付けたレースは五洋インテックスのプリシラ。

こちらもグレーとベージュのストライプです。

 

20160204-2

窓のない壁にはブルーのアクセントクロス。

 

このお部屋は特にご主人に気に入って頂けました。

良かった^^

 

 

そして、お子様が誕生し、思春期になったころであれば、ロールスクリーンの

替え時ですので、お好みのものに交換してあげてくださいね。

ブラウンの無地、とかにすると、雰囲気のガラッと変わった男子部屋になりますよ。

 

 

インテリアコーディネートによって、家がもっと素敵に楽しい空間になる!

 

笑顔の絶えない家族の団らんが目に浮かぶようです。