ワークショップ「写真と料理と花」に参加しました。

 

写真家の松本幸治さん、フードコーディネーターの縣博子さん、

フローリストの坂東久美子さんがコラボレーションされた贅沢な

ワークショップをご紹介いただいて、写真は全くの初心者にも

かかわらず、この機会を逃しては後悔すると思い、申込み。

 

案の定、足を踏み入れた瞬間「場違いだった」と思いました。

 

皆さんの持ってるカメラが、、、違う。

カメラに対する意気込みが、、、違う。

そして、知識も、、、違う。

 

それでも、写真家松本さんの事務所いっぱいに、料理と花が飾られて

どこを撮ってもOKという、ワクワクとした空間で、まずは自由に

撮ってみましょう!ということで。

 

20160225-1

奥がちょっとだけボケてる写真。

撮ってみたかった^^

20160225-3

お皿のイチゴと赤いチェア。

素敵なディスプレイ空間でした。

20160225-4

露出を抑えて撮ってみたり^^

20160225-2

この構図は結構お気に入り。

20160225-6

 

ひとしきり写真を撮った後に縣さんが作ってくださったランチを

頂いて、しばらくみなさんとおしゃべり。

20160225-7

夢中で撮ってたらバッテリーがなくなってしまったので、ランチの

写真はいつものスマホ。

被写体が良いからか、カメラの腕が上がったのか(?)いつもより

良く見える^^

 

ランチを終えたら講評タイム。ドキドキ。

皆さんとの写真のレベルが違いすぎて^^;; ごめんなさいな気分。

20160225-8

「初心者で、マニュアル使えませんでした」

と言う私にも、優しく楽しいご講評を頂けて有難かったです。

そして、皆さんの感性にとても刺激を受け、充実した時間でした。

 

カメラのテクニックはもちろんだけど、同じ素材を見て、どこに

惹かれてシャッターを押すか、どこで構図を切るか、どの角度で

露出はどうするか、人それぞれの感覚。

 

写真って面白いかも、と正直初めて感じました。(ゴメンナサイ)

上手になりたい、とは思ったことは何度もあるけど、面白くなる

とは発想がなかったです。

絵を描くのとは全然違うけど、ある意味一緒なんだな~

 

素敵な時間、素敵は方々との出会い

 

素敵な一日でした。

 

ブログの写真が少しずつ上手になるように、頑張ります。