お久しぶりの施工事例となりました^^;;

 

こちらのお客様は、初めての設計士さんからのご依頼でコーディネートさせて頂いた

物件となります。

和モダンがお好みの奥様と、設計士の方で打ち合わせをしながら工事を進めていたの

ですが、コーディネーターに相談して決めたいというご依頼で、途中参加の案件でした。

 

照明計画や、使う部材や色などがある程度決まっている中、決めきらない部分を

アドバイスしたり、提案させていただいたり。

 

初めての設計士さんや工務店の方との仕事は、最初は緊張しましたが、

本当に新鮮で改めて勉強になった部分もたくさんありました。

 

先日、本体工事の引き渡しが終わり、今日はカーテンの取付工事に立ち合い。

お引越しの荷物もあり、また養生の取れていない箇所もあったり、カーテンの

手直し工事もいくつか。。。

写真をバッチリ撮れる場所が少なかったので、小出しにします(≧▽≦)

20160411-1

玄関脇にあるトイレ。

タイルのアクセント壁にしたい!というご要望でした。

黒いタイルにしたら暗くならないか、と心配されていましたが、

コーニス照明に照らされて、とても素敵になりました。

 

それと、チラリと見える赤い壁。

玄関正面のアクセントに塗る漆喰の色サンプル。

「どの色がいいですか?」と聞かれ、最初は灰色や濃い黄土色を思っていたの

ですが、思うような色は選択肢になく「それなら」と、弁柄色のような赤を指

さしました。

 

「え?これですか?」と驚かれましたが、何度も打ち合わせを重ねた頃でした

ので、奥様に「牧野さんがそう言うのならそうします」とおっしゃって頂き、

この色に決定!

 

正直すごく心配でした^^;;

もちろん、それが選択肢の中では一番いいと思いましたが、気に入っていただけるか

どうかは別の問題ですので。

でも結果「この壁が一番気に入っている」と言われて、本当に嬉しかったです!

 

20160411-3

トイレの中の壁は、タイル以外の壁は白の珪藻土塗りです。

凹凸があり、ほどよい光沢感のあるタイルとの組み合わせ。

奥様にも、設計士さんにも好評で、喜んで頂けて良かったです*^^*

 

とにかく工事を進めながらの打ち合わせでしたので、即断即決のような毎日。

とにかく決めなければならないことを決めて、工事が進むようにしなければ

いけない、というのが第一の使命でしたので、家具のご相談はこれからです。

お客様と同行してショールームをまわるのが今から楽しみです♪