友人のご両親が新築されました。

「知り合いの工務店さんで建てちゃったけど、家具だけ選んでくれる?」

と友人に相談されて。

 

そうやって気に掛けてもらえて有難いです。

もう完成間近な現場に伺って、間取りやお手持ちの家具などを確認。

 

同世代の友人のご両親ですので、年齢も80代に近いくらいだと思います。

私の親もそうですが、使えるものを捨てるなんてことはできませんので

今あるサイドボードを置くことを前提に、その家具に見合うテレビ台を。

20161104-1

年代物の家具の隣に置いてもしっくりと馴染むカリモク家具のコロニアル

シリーズです。

 

テレビはやっぱり部屋のコーナーがいいのだそう。

それも長年の習慣ですので、ご要望にお応えして。

 

ソファの前に仲良くスツールが2つ。

お父さん、お母さん、それぞれ足を延ばせるように。

お孫さんが来られた時には腰掛けることもできますしね。

 

リビングテーブルは置かずに、サイドテーブルをご提案。

お茶を飲みながらテレビを見たり、読みかけの本や新聞を立てかけて

おいたりできますし、なにより部屋が広くなります。

 

20161104-3

お部屋の一角が書斎コーナーと収納になっていたので、壁に寄せて配置

できなくて、テレビとソファの間もそれほど広くなく。

でもそうなるとは理解していなかったご様子。

 

正直よくある話です。間取りを考える時、家具の配置を考えていなくて、

ということは。なので、できれば間取りの段階からお打合せできるのが

一番なのです。

とはいってもはじまりませんので、ソファはなるべくコンパクトなものを

ご提案。頭までもたれられ、やわらかさも程よい硬さのもの。

脚元がスッキリとしたデザインなので、お掃除がしやすく、床が見える

ことで、お部屋が広く感じられる効果もあります。

 

本当は座って体感して選ばれるのが一番なのですが、ご高齢なこともあり

とにかく私に一任するということで、重大責任を負ったわけで^^;;

気に入っていただけたようでホッとしました。

 

「家具だけでごめんね」なんて言ってた友人。

何をおっしゃいますか!こちらこそ声をかけてくれてありがとう!です。

ご両親がいつまでも健康で、この部屋で楽しく過ごしてもらえますように。