高2の息子が3歳だった時に完成した我が家。築14年です。

白木の枠、和紙襖はすっかり日に焼けていました。

日に焼けるだけでなくて、襖はこすれてボロボロな状態。

 

 

何とかしたいなぁ、でも職人さんに頼むのもなぁ、、、

と、思っていました。

 

 

もちろん職人さんに頼んでいいんですよ。

でも私は自分でやってみたかったんです。

 

 

そう!DIY!

 

 

youtubeとか見ると、色々な方法で皆さんやられているのがわかりました。

私は、というと両面テープを採用!

襖紙は夏水組さんの襖紙をお取り寄せしました。

 

古い紙をびりびりと破って剥がして、強力両面テープを骨組みに沿って。

 

四つん這いの姿勢でがんばりました。

子供たちが学校へ出かけて帰ってくるまでの間に仕上げてビックリさせる

のが私のお楽しみなのですが、毎回私がビックリするほどリアクションの

薄い息子たち^^;;

 

 

Before

 

After

 

リビングから見える景色のBefore

 

After

地袋は時間切れでその日のうちにできませんでしたが、もちろん後日

やる予定です。

 

 

柄合わせもしましたよ。

 

いい感じで満足です。

自分で家に手を入れていくのは愛着が増します。

より毎日の暮らしが愛おしくなるような、そんな気がするのです。