先日お引き渡しをしたお宅です。

トータルコーディネートさせていただきました。

 

かなりダークな床の色を選択され、全体的に落ち着きのあるダークな

雰囲気のお部屋にされたい、というご要望で。

 

 

打合せではキッチンなどの設備の色選びも、もちろんご一緒します。

カラーコーディネートにとっても重要ですから。

 

お客様は深紅のキッチン扉に惹かれたご様子。

「この色素敵だけど、選んでも大丈夫ですか?」

とかなり心配されていました。

 

 

 

私はできるだけお客様が選んだものを優先してコーディネート

することを心掛けています。

 

もちろん「提案してほしい」という方には提案しますし、全体の

コーディネートからすると、こちらの方でないと!と思えば

ご説明します。

 

とても美しい深紅色でしたので「このキッチンに合わせた

コーディネートにしますから大丈夫ですよ。」とお伝えして

打合せは進みました。

 

キッチン側と間接照明を施したテレビボード側の壁のクロスを

グレーにして、紅い色がカジュアルにならないように。

 

カーテンはチャコールグレーに紅色のバイカラー。

紅色の分量が増えすぎないよう、少しだけ。

 

そして、夜の雰囲気はこちら。

かなり照明の照度を下げて、寛ぎの雰囲気。

 

建材の色、設備の色、クロス、カーテン、そして照明の配線と

器具の選定、家具のご提案、トータルでコーディネートします。