先日もコーディネートさせていただいた物件の完成引き渡しが

ありました。

お打合せの時に色々なお話をしながら進めるのですが

 

 

「床の色はあんまり暗すぎない方がいいな」

 

「ドアや家具は落ち着いた色がいいよね」

 

「リビングは明るい感じにしたいよね」

 

 

そういう会話は聞き逃しません(*^^*)

 

 

奥様がキッチンのカップボードの背面に柄のクロスを選ばれました。

それでビビッときてご提案したのがこのひまわり色のカーテンです。

IN HOUSEのブラニ 全40色あり、生地もしっとりと上質で

仕上がりの安定感は抜群です。

ダークグレーのタッセルでちょっと引き締めて、ご提案しました。

 

 

完成したお部屋を見て「カーテンがすごくいい!」と喜んで頂けました。

 

 

 

「この色のカーテンを勧められた時、正直どうしようか迷ったんですよ。

でも、どんな色にしたい、とかいうイメージもなくて、まあいいか、

という気分でOKしたんですよ。」

 

「でも、本当に勧められるままこれにして良かったです!」

 

 

まあいいか、という気持ちでOKして頂いていたとは思っていません

でしたが(^^;; 何はともあれ気に入っていただけて良かったです。

 

安っぽい生地でこの色では気に入ってもらえなかったと思います。

この質感だからこそ、と思います。

 

 

 

この後、ブラックのレザーソファが搬入されます。

更にイメージに合う、落ち着きと明るさを兼ね備えたリビングに

なることでしょう。