私が所属する三河インテリアコーディネータークラブ(MICC)の

研修旅行で、今年は香川県の直島へ行ってきました。

直島はMICCの旅行としては3度目なのですが、私は初めて!

行きたいな~行きたいな~と思いながらも、子供がまだ小さくて

諦めていたんです。

そういう人は私だけじゃないはず!と思って企画しました。

直島と言えばこれ、黄色いカボチャ。

超有名アーティストの草間彌生さんの作品です。

 

 

カボチャの凹みの部分に身体を任せてみると自然と笑顔に。

 

この写真、友人が自撮りで一緒に撮ってくれたものです。

こんなに大笑いしてたんだなぁ、と。

 

 

なんだかものすごく気持ちのいい時間だったんですよ。

カボチャにもたれて空を見上げて。

 

 

 

カボチャだけではなくて、安藤忠雄氏設計の地中美術館にも

もちろん行きました。

写真撮影が禁止なので、もちろん写真はありませんが、

見上げた空が絵画のように美しく切り取られていたり、

現代アートに揺さぶられた感覚を、建物が増幅させるように

作られていて(と私は感じた)、今まで行った美術館とは

全く違うもののように感じました。

 

 

ここは行った人にしか分からないでしょう。

たぶん、写真でも伝わらないでしょう。

 

 

行ってよかった。

 

つくづくそう思いました。

 

 

 

 

他にも李禹煥美術館、ベネッセハウスミュージアムなども

行きました。ガイドさんの解説を聞きながら鑑賞すると

難解な現代アートも意味も良く分かり、感じ方も違ってきます。

アートと共に自然も満喫。

 

島内の古い建物を使った「家プロジェクト」の見学もガイドさんを依頼しました。

これは本当に大正解!

以前のMICCの直島旅行では家プロジェクトにはガイドさんを

頼まなかったそうなんです。

2度目の直島の方にもこれは本当に好評でした。ヨカッター!

(幹事としては参加者さんの反応が気になるのです)

そして何でもない道のところどころにアートが。

 

時系列はメチャクチャなレポートですが^^;;

島中アートにまみれた直島はとても素敵なところでした。

 

刺激もいっぱいありましたし、のんびりと寛ぐことも

できました。

リフレッシュしたこの旅行。

素敵な時間でした。