壁の色は90%以上の確率で白です。

多少アイボリーっぽかったり、グレーっぽかったりしますが

大雑把なくくりで言うと「白」

 

そこにアクセントクロスを一面貼ったりすることも

増えましたね。

 

4面色のクロスを貼るのも素敵なんですよ、というご紹介。

エレガントを絵にかいたようなお部屋。

クロスを貼っただけの時、クライアント様は「ちょっとイメージと

違ったかも?」と正直思ったそうです。

アクセントで一面くらいにしておいた方が良かったかな?と。

 

そこにアイアン調のカーテンレールが取りつき

カーテンをかけたら

「部屋の雰囲気が全然変わりました!」と。

 

この雰囲気はアクセントクロスでは出なかったと思います。

 

白い床にブルーの壁が美しく映えた部屋。

エアコン工事の合間に写真を撮らせていただいたので

壁に丸い穴が開いていますがお気になさらず^^;

 

白地に可愛らしい花柄のカーテンをセレクト。

白い床、白地のカーテンにブルーが美しいですね。

 

私がいつも仕事をしている部屋も卵色の壁に

白地のカーテンです。

今となってはわたしの仕事部屋は以前白い壁だった

ことが不思議なくらい馴染んでいます(*^^*)

 

 

 

もちろん白の壁が良い場合もありますが、

壁=白 ではない、というご紹介。

ご参考にしていただけると嬉しいです。