時間を見つけては名古屋など、あちらこちらの

ショールームへ足を運ぶようにしています。

 

特に家具はデザインも大切ですが、座り心地や

肌触り、重さ、質感など体感して体に記憶させて

おくことが大切です。

画像では分からないことはいっぱいあります。

 

キツツキマークの飛騨産業さんのショールームです。

 

今回座り心地で気に入ったダイニングチェアは

このひじ掛け付きのLChair

 

私は身長があまり高くないので、座面の高さが

いつも気になります。

椅子の脚があと1㎝短いといいな、とか。

 

このLChairは座高43㎝。決して低くはないですが

クッション性と背もたれの角度など、トータルで

私の座り心地の好みに合いました。

 

ですからカタログの数字を見ても本当のところは

座らないと分からないのです。

 

こちらはSEOTOというチェア。

横から見たすっきりとしたデザインが素敵です。

こちらがカタログに載っている写真。

ちょっと印象違いませんか?

 

 

とかね。

 

 

 

あと、ショールームから帰えろうかと思った時に

見つけたのがこのタタミベッド。

小上りのタタミコーナーのようにリビングの

片隅に置いて子供の遊びスペースにする、とか

 

クッション置いて壁にもたれてソファ代わりにする、とか

 

お客様がきたらそこに布団を敷いてベッド代わりにも

できるよね、とか

 

タタミコーナーがもう要らないってなったら

他の部屋に移動させてベッドとして使えるしね、とか。

 

 

アイデアがいっぱい、いっぱい浮かんできます。