毎年この時期にやることは手作り味噌の仕込み作業。

 

もう何年前からやっているのか忘れてしまいましたが

まだ子供が小さかった頃、食品添加物が気になって

できる範囲で手作りしようと思ったのがきっかけです。

 

 

 

大豆と米麹と塩

 

 

これが材料の全てです。

 

配分は、というと毎年「大体こんな感じだったかな?」

という感じのかなり大雑把な配分ですが、

出来上がりは美味しいですよ。

 

昔の人も秤で材料を細かく量って、なんて

やっていなかったでしょうからね。

洗って一晩水に浸した大豆を鍋で柔らかくなるまで煮て

それを潰して塩と麹を混ぜて

保存容器に空気を抜きながら入れる。

 

それだけで秋には美味しいお味噌の出来上がりです!

 

 

 

 

仕事で忙しくなってきたこの数年でも

1日、いえ、半日の作業で美味しくて身体にやさしい

お味噌ができるので、欠かすことなく続けています。

 

 

 

インテリアとは関係ないのかもしれないですけど

毎日の暮らし、日常生活を大切にしたいという気持ちは

食生活も同じだと感じます。