床の間、広縁付きの本格和室のお部屋の

リノベーション工事のご相談がありました。

 

和室から洋室に、とかではなく

カジュアルな和空間に

 

広縁は明るくて、日差しもたっぷり降り注いで

暖かくて居心地いいから、ここに掘り炬燵とか

あったらいいな~と思うんですけど。

 

 

とおっしゃる奥様。

 

 

確かに。

 

 

 

畳が日焼けしないように、というよりも

昔ながらの日本の住まいの考え方は夏が中心。

なので、広縁よりも奥に畳を敷いて、日陰で

夏の暑さをしのぎやすく。

 

でも今はエアコンで涼しく、ですね。

暖房の暖かさはお日様の暖かさには敵いません。

 

そこで広縁を広げて畳空間を小さくするという

大胆な発想。

リノベーションは現況があるだけに、平面の図面だけでは

どんなふうに変わるかが想像しにくいんだそうです。

 

プレゼンを心を込めて製作中。