ブログは長いお休みを頂きました。

その間たくさんブログネタを貯め込もうと思って

いましたが、忙しいというほどではないものの

1日平均1打合せくらいのペースでお仕事をして

おりました。

 

お出かけ、と言える唯一の話がこれ。

秋野不矩美術館へ行きました。

数年前に行ったことがありますが、今年は20周年

なのだそうです。

駐車場は坂の下にあって、道中の緑を楽しみながら

美術館へと向かいます。

(足の不自由な方などのために坂の上にも駐車場はあります)

 

距離はさほどでもないですが、結構な上り坂です。

1枚目の写真を見ると少しは感じられるかな?

 

上った先に見えるのがこの美術館。

経年変化が少し感じられて益々いい感じに。

入ったロビーはこんな感じ。

ゆっくりとした時間が流れます。

 

入口で靴を脱いでスリッパになるのですが

ロビーから先はスリッパも脱いで裸足で鑑賞します。

鑑賞するお部屋は写真NGなので撮れませんが

無垢板の感触、竹の敷物の感触、土間の感触など

普段あまり意識のない触覚も刺激されて

何とも言えない解放感が生まれます。

 

前に行った時は1階の展示室だけでしたが、

今回は2階の展示室にも作品があるということで

初めて階段の存在を知りました。

 

この階段、どこかを思い出しませんか?

 

 

多治見のモザイクタイル美術館

去年の7月に行って、その時のこともブログに書いていますが

秋野不矩美術館も藤森照信氏の設計です。

 

この土でできた階段は20年前から同じなのですね。

 

絵を鑑賞後、テラスでのんびり。

その日は曇り空で少しひんやりとした空気の

気持ち良い日でした。

 

4月は仕事以外にも三河インテリアコーディネータークラブの

総会とかがあったりして緊張もしましたし、準備で正直

気持ちに余裕がなかったのですが、ここでの時間は

リセットするのに最高の環境でした。

 

さあ、5月です。

楽しく頑張りましょう!